家から出るのが面倒ならおすすめ!お酒買い取り業者の出張買取とは|spireblog.jp

酒買い取り業者について

お酒買い取り業者の出張買取とは


お酒買い取り業者の買い取り方法には【店頭買取】【宅配買取】【出張買取】の3種類があります。

このうち出張買取は業者が専用車両に乗り、指定された自宅や事業所、倉庫、店舗などに直接やってきてお酒を買い取っていくスタイルになります。
買取を依頼する側からすれば、もっとも負担が少ない方法です。

それでは出張買取を依頼する方法についてチェックしていきましょう。

出張買取の流れ


まず、お酒の出張買取の流れについてご説明します。大きな流れは以下のようになります。

・お酒の確認
・申し込み(リスト作成)
・業者から査定額の連絡
・実際に業者が現地に入り本査定
・売買成立(現金支払い)または売買不成立

最初にお酒を売りたい売り主が業者に連絡を入れます。電話、メール、ライン、FAXなど連絡を取りやすい方法を選べばOKです。

このとき、売りたいお酒のリストを用意してください。そのリストをFAXやメール、また電話、ラインなどで担当者に連絡します。

そうすれば送られたリストをもとにして担当者が査定額を算出してくれます。この段階では概算見積もりなので、正式な金額は出ません。

もし提示された金額に納得できたのであれば、引き取りに来てほしい場所や日時を打ち合わせします。

業者によって引き取りに行ける日時が限られるケースも考えられますので、しっかり打ち合わせをしましょう。

業者によっては朝9時から夜中の23時まで出張買取OKというところもあります。

後日、自宅や倉庫など指定された場所に業者が車で乗り付けてきますので、その場でお酒を査定して正式な金額を提示してくれます。

最終金額に納得ができれば契約成立でお金が現金で支払われます。もし納得できないなら売買は不成立です。

ただしどのような結果になっても業者側が出張料やガソリン代、人件費などを請求することはありません。

出張買取を選ぶメリット


出張買取はお酒の売り手側にもっとも負担の少ない方法で、重いお酒の梱包や運搬、買い取り額の査定や計算などすべて業者に一任できます。

ほかにも出張買取にはいくつかメリットがあります。それをまとめていますので、ぜひチェックしてください。

家から出なくてもOK

出張買取は、業者が自宅や倉庫、事務所、店舗まで車で出張してくるため、売り主がわざわざ店舗に足を運ぶ必要がありません。これ一番大きなメリットになります。

店頭買取の場合は店舗の近くに住んでいる方しか利用できませんし、店舗に近い場所に住んでいても大量のお酒の在庫を持っている場合は、お酒をいちいち店舗まで運ぶのも難しいものですよね。

そのため店頭買取が使える人はかなり限定されてしまいます。

その点、出張買取は自宅にいながら(家からでなくても)お酒を売却できるので、外出しにくい方に最適ですね。

たとえば高齢の方。自由に外出できない高齢者が「自宅にあるお酒を売りたい、でも体調が悪くてなかなか外に出られない」などの理由で利用するとかなり便利がいいです。

小さなお子さんのいるご家庭、仕事などで忙しく昼間留守にしがちな方にも向いています。

宅配買取も宅配業者を呼べば自宅から外に出ずにお酒を送ることができますが、この場合お酒の荷造りをする手間と体力がかかってしまいます。

荷造りする時間や体力のない方・高齢の方は、すべて業者におまかせできる出張買取がおすすめです。

大量に売りたい場合にはおすすめ


宅配買取は大量のお酒を売りたい方に向いています。
「バーやスナック、商店を経営しており、お店を閉めることになったので在庫のお酒を引き取ってほしい」「親族が集めていたウイスキーのコレクションを引き取ってほしい」などお酒を大量に、しかも一気に引き取ってほしいという方に出張買取はもっとも向いた方法です。

業者側としても、まとまった数のお酒を一気に買い取れるなら人件費などの経費を浮かせることができます。さらに高額で売れそうなお酒を買い取れられるのであれば万々歳。

まとめてお酒が買い取れることは業者にメリットがあるため、業者は出張買取を積極的に行っているケースが多いです。

そのため出張買取の場合は「全部で10万円の買い取り額ですが、まとめて買取ができたのでプラス2万円上乗せさせていただきます」のように、買い取り額を増額してくれる可能性も。

このような事情があるため、出張買取で大量のお酒を売却するのであれば正式な買い取り金額が出た時点で「もう少し高く買い取ってもらえませんか?」など個別交渉も可能です。

担当者とお酒に関する話がしやすい

目の前に担当者がいることで交渉しやすく、お酒に関するアドバイスや「なぜこの査定額が出たのか」など、詳しい話が聞けるのが出張買取のメリットでもあります。

業者のなかには「思い入れのあるお酒なら、今は売らない方が良い/このお酒は今後もっと価値が出るから、今は売らずにしばらく保管してはどうですか?」などかなり良心的なアドバイスをくれるところもあるそうです。

まとめ

・業者が専用の車両で直接自宅や倉庫などに乗り付けて酒買い取りを行うのが【出張買取】。
・出張買取を希望するなら、まずはお酒のリストを作成して査定額をチェックすることから。
・出張買取は自宅にいながらお酒を引き取ってほしいケース、大量にお酒を売りたい場合に最適。
・担当者と直接交渉できるため、お酒に関する話が聞けることもある。